链接交换

笠ヶ岳2015.8.27~29[1]|三嶺さんぽ通信

分类:链接交换 作者:admin 来源:网络整理 发布:2018-12-05 17:53
  

        

        

        

        使就座和使就座
龚跃月(高处点和2592m)、三级三角点 [中] )
Cenfu,平地城/东经36度20分58秒* Dongbo
大ノマ岳(高处点和2662m)
北山东经36度,20分40秒
老树葡萄(三个正三角板) [奥笠ケ岳] )
高崎,东经36度,19分40秒
笠ヶ岳(两个相当的三角板) [笠ケ岳] )
Qifu:平地城市/东经36度18分56秒*东比
■コース程度距離 ㎞
■天気 曇り時々晴れ(1日目) 雨のち曇り(2日目)
■楽しさ ★★★★★(満点!)

        笠ヶ岳マップ 笠ヶ岳プロファイル
登山运动1天
新穂高温泉から鏡平を経て弓形洼まで小池新道を应用。
稜線に出たら女人气的男人に伸びる尾根を縦走し龚跃月、老树葡萄を経て笠ヶ岳へ。
登山运动2天
笠ヶ岳山荘から笠新道を应用して新穂高温泉へ每况愈下。
【程度距離 楼层间隔/积聚高处差( ) (-)2709m】

        南風
名古屋から新穂高(平地市)まで夜行バス应用なので、JRは「ゆき」が名古屋まで「かえり」が平地からとなる。
山田子 → 名古屋(キロ)8,680円
平地 → 土佐山田(キロ)10,410円
合計 8,680+10,410円=19,090
(往復割引)往復乗車券は、片道の営業キロが601キロ下あれば、
「ゆき」、「かえり」の運賃がそれぞれ1割引になる。
平地までの往復 10,410円×=9,360円×2=18,720
※乗らない「名古屋 → 平地」を含めて、往復で買った方が少しお得!

        名鉄
名古屋駅南口を出て隣の名鉄ビルへ。
3階の名鉄バス8番乗場で23時00分発の上洼地行き夜行バスに乗車。
上洼地行きだけあって、待っている乗客のほとんどが登山运动者だった。

        ■(*)コースタイム
新穂高ロープウェイ 4:24(4分)→ 新穂高登山运动指導センター 4:28(洗脸登山运动)/5:12(39分) 中崎桥 5:51(8分)→ 利辛路山路 5:59/6:00(8分)→ わさび平隔间 6:08(トイレ静止)/6:34(15分)→ 小池新路分水岭 6:49/6:53(35分)→ 创立的位置 7:28/7:33(23分)→ イタドリケ原 7:56/7:57(24分)→ シシウドケ原 8:21/8:26(29分)→ 镜面(镜像池) 8:55/8:58(2分)→ 镜坪山 9:00/9:33(45分)→ 弓形洼 10:18/10:21(7分)→ 龚跃月直登ルート放弃点 10:28(3分)→ 龚跃月 10:31/10:32(16分)→ 大ノマ乗越 10:48/10:52(27分)→ 大ノマ岳 11:19/11:22(17分)→ 创立依等级排列单位 11:45/11:48(39分)→ 秩父岩 12:27/12:33(25分)→ 老树葡萄 12:58/13:05(7分)→ 笠新道丫 13:12/13:13(12分)→ 高处点2753 13:25/13:27(41分)→ 笠ヶ岳山荘 14:08(14分) → 笠ヶ岳 14:22/14:26(8分)→ 笠ヶ岳山荘 14:34
<笠ヶ岳山荘 7次06分钟。、笠ヶ岳 7次20分钟。、笠ヶ岳山荘 7次28分钟
*コースタイムポイント(/あり)での静止時間は含まない
■コース程度距離 ㎞
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

        笠ヶ岳マップ 笠ヶ岳プロファイル
登山运动1天
新穂高温泉から鏡平を経て弓形洼まで小池新道を应用。
稜線に出たら女人气的男人に伸びる尾根を縦走し龚跃月、老树葡萄を経て笠ヶ岳へ。
【程度距離 边线间隔/积聚高处差( )2498m (-)800m】

        笠ヶ岳
<数年前に初めて見た笠ヶ岳>
「登ってみたい」という思いに駆られたのは、やはり、初めて見た時の影象が強く残っていたからだろう。
黒々と見える険阻な栅栏と深く刻まれた谷の好处に雪を被った笠型。
旭を受けて輝く荘厳な姿が脳裏に焼き付いている。

        新穂高
予定(4時23分)より20分ほど早く新穂高ロープウェイに到着。
靴の紐を締め直し、GPSを準備している間に「ロープウェイを使って西穂へ行く人」在户外、みんなどこかへ散ってしまった。
真っ暗闇なので、トイレも登山运动届けを出す場所も分からない。
(左俣へ渡ると思われる橋は見えているのだが・・・)

        新穂高
しばらくウロウロした後、下から歩いてきた「槍ヶ岳へ登る」という若者に、南に300mほどの「新穂高センター」を教えてもらった。
乗客のほとんどが登山运动者なので、センターで降ろしてもらった方が容易的だ。
それにしても・・・
(西穂の人はロープウェイが動く8時半まで待つのだろうか?)なのだ。

        新穂高
新穂高センターは、奥飛騨温泉郷観光案内所・静止所と新穂高登山运动指導センターを併設している。
トイレと洗面を済ませて登山运动届を现在。
朝食をとりながら、のんびり準備をしていると夜が明けてきた。

        
左岸側の穴から奇麗な水が出ている。
高知県にも多い発電関係か(少し興味あり)?
後日、地势図を見てみると右俣谷から左俣谷、穴毛谷経て新穂高に続く水色の点線が描かれている。
センターの対岸にあった北陸電力中崎発電所へ水を送る水道のようだ。

下一篇:没有了
-

文章分类

-